組織営業開発

このような組織の特効薬です

  数年来、同じ営業戦略で展開し続け、思うような成果が上がっていない組織

  個人に頼った営業活動が中心で、チームや部門での取り組みが不十分な組織

  営業スタイルを企画・提案型の形態に変革することが求められている組織

組織的な営業力を高める仕組みづくりと実践の支援

個人に依存する営業ではなく、営業戦略を明確に策定し、個々の体験がメンバーの共有財産となるような仕組みを持ち、メンバー全員が知恵を結集して果敢に挑戦する営業組織づくりを支援します。
組織営業が展開されることにより、営業力の底上げが実現されます。営業成果の見通し付けが容易になり、課題を先取りした営業、効果的な営業施策の実現が期待できます。

<取り組みの特徴>
1.現状分析~対策立案~実践展開までの一貫した支援が業績向上に寄与します。
2.顧客視点で営業活動を見直し、高業績をもたらす要因・活動を解明します。
3.提案型営業の実践ツール開発と組織での活用を支援し、成果向上を果たします。

<展開イメージ>

組織営業・展開イメージ

分析から導いた対策をアクションプランとして実行できるレベルまで落とし込みます。

対策浸透のための営業同行支援や活動レビューによる対策の最適化が有効です。

営業部門の戦力レベルを高めるための取り組み事例

営業部門は組織業績を左右する極めて重要な部門です。しかしながら、上司の個性に応じた叱咤激励や個人にゆだねられた頑張りによって業績が支えられている旧態依然とした組織も少なくありません。 お客様のニーズが高度化・多様化・複合化する昨今、組織営業の実現によってお客様の課題解決に貢献できるようになることが業績向上への鍵と言えるのです。

    以下のような状況でお困りではありませんか?

  ⇒ お客様のニーズ変化に提案がミスマッチになってきている

  ⇒ 営業社員の自発性が乏しく、上司の指示がないと動きが悪い

  ⇒ 営業社員は商品説明はできるがニーズヒアリングは苦手

  ⇒ 営業マネージャーの部下指導が我流で効果が疑わしい

  ⇒ 営業社員を鍛えようとしても有効な教材やツールがない

組織営業開発の図表